差枚数管理ATART機に物申す。

少し前から差枚数管理のATART機が最近の主流となっている感がありますが、正直これは微妙だと思います。例えば300枚と表示されれば、上乗せをしない限り300枚前後で終わってしまうこととなり何の面白みもありません。一方で純増3枚の台の100Gも期待値として同じことになりますが、こちらの場合はベルなどの小役のヒキによって実際の獲得枚数は左右され、ぴったり300枚前後で終わるというケースばかりではありません。やはり不確定要素があってこそのパチスロだと思うわけですが、差枚数管理にはそれ以前の問題すらあるのです。
差枚数管理とされる以上、あらかじめ設定された規定枚数を獲得出来なければおかなしな話になりますね。ところが、実際には北斗の拳強敵のようにAT中のハズレによる獲得枚数の減少が想定されていない台も少なくないのが現状です。中には餓狼伝説スペシャルのようにきちんとハズレによる枚数減少をきちんと反映させている台もありますが、最近になるにつれてそのような台は減少の一途をたどっています。このような細かな部分の間違いをなくせばもっと良い台が作れるのではないかと思うのですが。